>レポート>フンをまき散らす鳩は一人で対処するのが難しい

フンをまき散らす鳩は一人で対処するのが難しい

鳩

プロの駆除方法とは

素人が行うのと違って、プロによる鳩の駆除には高い効果が期待できます。その理由は、鳩が集まりやすい場所に応じた駆除方法を実施しているからです。具体的には、止まって休むような場所については止まれないようにスパイクを設置します。鋭利な突起を窓のひさしなどに密集して設置することで、集まるのを防ぐことができます。場合によっては電気を流す装置を設置し、徹底的な対策が行われます。巣を作ろうとベランダなどに入り込んでくる場合には、ネットを張り巡らせて侵入を防ぎます。ネットは耐候性に優れたものが使われるので長期間威力を発揮してくれます。さらに気に入って居着いているような場所には、忌避剤をまいて対処します。忌避剤は薬剤の一種ですが、安全性の高いものを使用するためお子さんがいる家庭でも安心です。

ハト

鳩による被害

害獣の中でも体格のいい鳩は、早めに駆除しないととんでもない被害を撒き散らします。最も恐ろしいのがフンによる被害です。すずめなどの小鳥と違って体が大きいため、フンの量はかなりのものになります。窓の上をべったりと汚されたり、マンションの通路が歩けないぐらいに撒き散らされたりします。見た目や臭いなど、衛生的な問題に加えて心理的な被害も大きいのが特徴です。賃貸物件の場合、建物をフンで汚されることで入居者が減ることも起こり得ます。金銭的な被害をもたらすとも言えるでしょう。鳩の中には病原菌を持っているものもおり、これも早目の駆除が必要とされる理由です。誤って触れると人間にその病原菌が感染する場合もあるため、健康を保つためにも必ず駆除をするようにします。

広告募集中