HOME>注目記事>費用をかけるだけの意味がある!イタチ駆除を業者に任せよう

イタチ被害が減らない理由

もともとペットとして飼われていたイタチが、野生化してどんどん増えています。鳥獣保護法によって守られているため、むやみに駆除できないのも減らない理由でしょう。

ハクビシンとイタチの違いを比較

見た目の違い

ハクビシンは鼻から頭頂部にかけて白い線が入っており、イタチは全体的に茶色です。

臭い方がイタチ

イタチは肛門から悪臭を発し、糞尿も耐えられないほどの臭いを放ちます。

イタチは危険!

可愛い見かけとは裏腹に、凶暴な性質なので手を出すのは危険です。そのため、見かけたら近づかず、駆除を依頼しましょう。依頼する業者は、費用を比較するなどして選ぶといいです。

イタチ駆除の流れ

いたち

現地調査を行う

被害状況を確認し、進入路などを調査して駆除方法を決定します。また、このとき、費用はどの程度かかるか見積もりを出してくれるので確認しましょう。

駆除作業の開始

追い出し剤を使って、建物の中に潜んでいるイタチを追い出します。業者は、的確な判断で動くので作業もスムーズです。

侵入経路の封鎖作業

全てのイタチを追い出した後は、建物の中に通じる全ての隙間や穴を埋めて進入路を塞ぎます。

侵入封鎖の成功を確認

1週間から2週間後に、イタチが侵入していないか確認します。

清掃・消毒をして完了

イタチの進入が防げていたら、棲家としていた場所の清掃と消毒をして完了です。

費用をかけるだけの意味がある!イタチ駆除を業者に任せよう

いたち

イタチ被害の対処法

法律によって勝手に駆除・捕獲することは禁じられているため、木酢液やクレゾール石鹸水など、イタチの嫌がる臭いを巣を作りそうな場所や進入路に塗ったり、餌となるネズミを駆除することで、被害を抑えることができるでしょう。また、業者はプロの技術で迅速に作業を進めていきます。

イタチ

素人ができるイタチ駆除の範囲について

侵入できないようにメッシュで穴や隙間を塞いだり、光るものを嫌うという習性を利用して、アルミホイルやライト等を置いて追い出すなどができます。また、ゴキブリ用の燻煙式殺虫剤も、イタチ駆除に使用できます。

無理して駆除活動しないこと!

イタチは肉食性が強く、追い詰められるとどんな行動をするかわかりません。引っかかれたり、噛まれたりしたという前例もあるため、無理して駆除せず、費用は掛かりますが業者に依頼するのが賢明です。

広告募集中