HOME>注目記事>鳩駆除はルールを守ること!駆除するなら業者に依頼しよう

鳩の駆除には法律が関係する

鳩は鳥獣保護法によって守られているため、許可なく駆除すると処罰の対象になります。しかし、自分で寄せ付けない対策は取れるので、その方法を知っておくといいでしょう。

鳩駆除に効果的な方法ベスト5

鳩
no.1

テグスをつける

鳩は警戒心が強いため、手すりにとまってテグスが触れると不審に感じ、寄り付かなくなります。

no.2

鳩除けネットの設置

鳩の進入を防げますが、集合住宅などでは景観の面で使えないことがあります。

no.3

剣山を置く

手すりなどに置くと止まれなくなり、寄り付かなくなります。

no.4

鳩の天敵の置物を設置

猫やヘビなど、鳩の天敵の置物を置くと、警戒して寄り付かなくなります。

no.5

忌避剤を使う

鳩の嫌がる匂いを発するため、寄り付かなくなります。

鳩駆除はルールを守ること!駆除するなら業者に依頼しよう

鳩

対策前に知りたい鳩の習性

鳩は帰巣本能が強く、生まれた場所に戻る習性があります。そのため、一度巣を作られてしまうと、駆除するのが非常に難しくなります。

ハト

被害に遭いやすい建物とは

鳩の天敵がいない高い場所にあり、壁に囲まれており、外から見えず隠れる場所がたくさんある建物を好みます。また、人気のないベランダなどは巣作りには適している環境なため、特に要注意です。

鳩

鳩被害が多くなる時期について

鳩は3月から5月に巣作りをすることが多いため、快適な場所を物色します。そのため、この時期に鳩被害が多くなります。

ハト

完全に鳩を追い出すなら業者がおすすめ

駆除業者は鳩の習性を熟知し、それぞれのシチュエーションに合わせた方法で完全に駆除してくれるので安心です。

鳩が駆除されるまでの基本的な流れ

駆除

現地調査で被害の確認

現地調査をして最適な駆除方法を決定します。

駆除を実行

忌避剤やネット、スパイクなど、適切な処置を施します。

清掃・消毒を行う

鳩の糞を掃除したり、消毒作業を行います。

追跡調査を行う

駆除を実行して2週間ほどで、鳩はいなくなります。

2度目の追跡調査

成鳥となった鳩が返ってくることがあるため、半年後に再確認をします。

駆除の成功

半年後に戻って来なければ、鳩の駆除は成功です。

業者に寄せられた鳩駆除に関する疑問を紹介

ハト

鳩の糞で被害はあるのか?

糞には、人間に有害な細菌が含まれているので注意が必要です。

ホームセンターの対策グッズに効果はあるか?

効果は短期間しか続かないことが多いため、専門の業者をおすすめします。

効果的な鳩対策は何か?

ネットや剣山、ワイヤーなどが効果的です。ただ、長期戦となることが多いでしょう。

忌避剤は安全か?

鳩にも人間にも害のない成分で出来ています。業者が扱うものもそのような物なので、安心ですよ。

忌避剤は鳩以外の鳥にも効果があるか?

スズメやカラス、燕などにも効果があります。ただし、使用方法やルールを守ることが大事です。

広告募集中